軽自動車の車検費用を比較しよう

自動車の費用を節約しようと、軽自動車を購入された方も多いでしょう。しかし、自動車を持っている以上新車の場合は3年、次回からは2年に1回は必ず車検は受けなければなりません。初めての方は、ある程度始めに知識を身に付けておきましょう。まず、法定費用として自陪責保険料、重量税、印紙代などが必要になりますが、法定費用はどこの場所でも違いはありません。法定費用は35000円程度と思っておいて良いでしょう。違いが出てくるのがその他の24ヶ月点検整備費用、検査費用、代行手数料です。それに加えて部品交換などがあればさらに費用が加算されていきます。ディーラーやカーショップ、ガソリンスタンドなど多くの場所で受ける事が可能ですので、まずは費用を比較していきましょう。この比較の際に法定費用以外の項目で比較する事が大切です。

軽自動車の車検について

軽自動車の車検は、通常は軽自動車検査協会で行いますが、ディーラーや整備工場、カー用用品店、ガソリンスタンドなどで、地方運輸局長が指定自動車整備事業の指定を受けている指定工場であれば、そこでも受けられます。車検は、普通自動車と同じで新車購入時のみ3年に1回で、その後は2年に1回となり、車検の有効期間の1ヶ月前から受ける事ができます。必要書類は、車検証、自動車税納税証明書、自賠責保険証明書、24ヶ月定期点検整備記録簿などがあり、費用は自賠責保険、重量税、印紙代などの法定費用と、24ヶ月法定点検・検査代行料などが必要になります。検査項目は、普通自動車と同じで、同一性の確認、外観検査、排ガス検査、サイドスリップ検査、スピードメーター検査、ヘッドライト検査、ブレーキ検査、下回り検査の8項目で、不適合ヶ所があった場合は再受験となります。

どんどんお得になっている軽自動車の車検

車検は必ず受けなければならない検査ですが、料金がかなりかかります。そのため、できるだけ料金を安く抑える方法を見つけることが大切です。最近は業者間の争いが激化していることと、コンピューター診断ができるようになったことで、料金はかなり安くなっています。例えば軽自動車ならば、六万円位でできます。また、料金の安さだけではなく、サービス内容も充実しています。ルームクリーニングをしてくれたり、代車を貸してくれたりと、ありがたいサービスを無料で受けることもできます。依頼先を決める時は、料金の安さだけではなく、こうしたサービスの内容もよく確認してから選ぶと、かなりお得になります。また、支払いがクレジットカードでできる業者も増えています。経済的に厳しい時期でも、クレジットカードで支払いができれば助かりますし、ポイントも貯めることができます。